FC2ブログ
毎年何回も訪れる最強寒波くんにはがっかりです。太平洋で立っててください。

というわけで、るえりあです。
12月15日の活動報告をしていきますよー!続きからどうぞ。


さて、今回の活動は「ポケモンカードゲームに変な追加ルールをつけて遊ぼう!」です。
具体的に何をしたかと言いますと、

各プレイヤーは、1ターンに1度ある行動を行う義務が課せられる(両者の1ターン目は除く)。

です。

では、どんな義務だったのでしょうか。

「あるカード群から、カードを見ないで1枚選び、自分のバトルポケモンに付けます。」


・・・ポケモンカードゲームは、ポケモンにエネルギーをつけてワザを使い、相手を倒すゲームです。
ですが、ポケモンにはワザ以外に与えられている能力があります。

旧裏の時代から、”特殊能力”や、新裏に入ってからも”ポケパワー”や”ポケボディー”などがそうですね。
これらの能力は現在存在しませんが、現行のレギュレーションではこれ以外の新たな能力が登場しています。

”特性”です。
かなりのデッキが、特性を利用した構築になっているかと思います。
しかし、特性は非常に便利な反面で、カードによって全く使われなかったり、そもそも認知度が低いなどの場合も多々あります。

某カードゲームアニメの主人公も言っていましたが、不要なカードなんて世の中に存在しないはずなのです。

それでも使ってくれないなら・・・強引に使ってもらえばヨイノデス。


というわけで、1ターンに1回、特性を持ったポケモンを、バトルポケモンにつけていただきました。

といっても、ポケモンとしての進化ではありません。
道具のようなスタイルで、そのポケモンが追加で能力を得る、といったところです。
また、これによって得た能力は、特性として扱わないことにしました(ルールの矛盾が発生し得るため)。

また、デッキによっては相性が悪い特性もかなりあります。

カメックスのカードは、旧裏時代にもあった特性で、手札の基本水エネルギーを1ターンに何枚でもつけられる特性です。
非常に強力な特性ですが、このカードもデッキ内に基本水エネルギーが入っていない場合、間違いなく使われることはありません。
さすがにそれではもったいないので、さらに追加ルールを設けました。

エネルギーやポケモンのタイプなどが限定されている特性の場合、タイプを宣言して書き換えることができる。

これで、基本水エネルギーが入っていないデッキでも、カメックスの特性を利用できるようになりました。

これなら楽しい事間違いなしですね!というわけで、実際にこのルールでゲームをしていただきました。

※カード群の中に、同じカードは存在しません。再録に関しては、同一のカードとみなしています。
※カード群の中で、効果の重複する特性があります。(フシデ、ホイーガ、ペンドラーなど。)
※企画中に同じカードが2回出ることはありません。
※入っているカードはBW1~XY4のカードとプロモーションカードで、全てのカードが入っているわけではありません。
※どうしようもない特性(せわやき、ふしちょうなど)は、入っていません。


対戦表です。

第1試合
シロノ VS レオン
ビリジオン・ゲノセクト VS Aggron(ボスゴドラ)
終始シロノくんが有利でした。
Mega Aggronがのろいのしずくとすなのかんごくの効果でHPを残り200にされ、Gブースターで倒されたり、
Gブースターとぬけがらをつけたゲノセクトが爆誕していました。

第2試合
ガルシア VS ガイ
ダークライ・イベルタル VS イーブイ?
こちらも終始ガルシアさんが押していたように見えました。
最後決着の直前に、ダーテング(おおきなうちわ)でガイのガマゲロゲEXがデッキに戻された時は
会場が盛り上がった気がします。

第3試合
ユリガタ VS じゃかりこ
え○り VS ディザスターウィング(MアブソルEX)
奇抜なデッキで挑んだユリガタさんでしたが、
相手のポケモンEXをMボスゴドラEXが倒せる場面で、見事にケッキングを引き当て、そのまま敗北。

第4試合
もみ VS よすだー
ランドロスEX VS 烏賊(カラマネロEX)
よすだーくんが事故りたおし、もみがそのまま殴りきって勝ち。正直特性関係なかった。

第5試合
ぽけむら(わせポケ) VS ハルート
連打チャーレム VS 鋼
わせポケからの来客であるぽけむらくん(企画時はホエルオーEXくんでした)と、1年のハルートが対戦。
ハルートがダーテング(はっぱドロー)を引き当て、
鋼タイプを宣言してスチールドローしながら、ドータクン(メタルチェーン)の補助をしていました。






先にも書きましたが、不要なカードが存在するはずがありません。

とか言ってると、こういうカードに出会います。

027950_P_KEKKINGU.gif 027777_P_YADORAN.jpg

ケッキング
特性:おおざっぱ
相手のバトル場にたねポケモンがいるなら、このポケモンはワザを使えない

ヤドラン
特性:うわのそら
自分のサイドの残り枚数が6枚・4枚・2枚のとき、このポケモンはワザを使えない

ユリガタさんは、上のケッキングEXを引き当ててしまい、倒せる場面でイベルタルを倒すことができず、そのまま敗北一直線でした。



・・・こんなカード使えるわけないだろ!いい加減にしろ!!

不要なカードもあるということが、はっきりとわかる活動になりました。


さて、次回の活動が今年最後の活動になります。
次回の活動は・・・
「学年対抗戦(1年、2年)」です。
2年生の威信をかけて、1年生を全力で迎え撃ちたいと思います。


それではみなさん、さようなら
スポンサーサイト

2014.12.16 Tue l 活動記録 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pokenakano.blog.fc2.com/tb.php/41-6a688c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)